イースター島の風になって

もやいの日常を風に乗せて届けたい

大学生が図書館を利用する3つのメリット

f:id:moyai2kaze0:20170724143337j:plain

 

もやいです。

 

僕は今大学生なので、大学の図書館を利用することがよくあるのですが

利用するたびに大学図書館はいい施設だなと感じます。

 

公立、私立、規模の大小に関わらず、大学には図書館があると思います。

せっかく学費を払って大学に通うのなら

たとえ勉強をするためではなく、暇つぶしのためであっても図書館は利用して欲しいと思うのです。

 

これは図書館であれば当然だと思われるかもしれません。

 

ではなぜ大学図書館なのでしょうか?

これに対する回答も踏まえた上で、

普段に大学図書館を利用しない人に向けて

大学図書館を利用する3つのメリットを述べと思います。

 

 

 

 

1.数多くの書籍が揃っている

f:id:moyai2kaze0:20170724152903j:plain

 

 

 大学図書館には何万冊もの蔵書があります。

自治体が運営する公営の図書館や街の本屋さんではこれだけの蔵書は揃えられません。

 

確かに大学図書館の蔵書の大半がその大学にある学部に関連した専門書や学術誌であることが多いです。

そのため、勉強や知識の修得に対する意識が高い学生とそうでない学生とで普段から大学図書館を利用するかしないかが分かれてしまいます。

 

しかし、何万もの蔵書の中には誰もが手にとって読みやすい新書も多数あります。

新書にはキャッチーなタイトルで興味を引き付けるものも多いので

1冊すべて読み切らなくとも、空きコマや休憩時間に興味のある章だけでも目にして欲しいです。

 

また、貸し出し予約や貸し出し期間延長などの機能も充実しているので

気軽に興味を持った本に手をのばしてもいいかと思います。

 

2.空調設備・電源など環境が整っている

f:id:moyai2kaze0:20170724153033j:plain

 

それぞれの大学によって違う部分も多いとは思いますが、

大学図書館かなりの設備が整っています。

 

まずは空調

夏や冬、暑かったり、寒かったりするキャンパスを歩きつかれたらふらっと図書館によるのがオススメ。

しっかりエアコンが効いてますので1つ本でも手にとって休憩するのもいいですね。

 

次に電源

街でのカフェで自習・休憩しようと思っても電源が設置されているお店はなかなか無いですよね。

電源の利用範囲には各大学によるため注意が必要ですが

レポートでパソコンを利用する際や、

ちょっとした調べものでスマートフォンを利用する際は電源があると安心です。

 

最後は静かさ

静かで勉強に集中できることもメリットですが、

自習や読書で疲れて少し仮眠をしたいときありますよね。

大学の図書館ではかなりの座席数が設けられていますので

長時間の居座りなど他の利用者の妨げにならなければ

基本的に仮眠も可能なはずです。

 

※職員の方や管理者の方に注意された場合は指示に従ってください。

※また、仮眠時の荷物の盗難には気をつけましょう。

 

 

3.無料で利用できる

これが学生にとっては一番大きいことかと思いますが、

1項と2項で述べたすべてのことが無料で利用できることです。

本とひとまとめにしましたが、

数百円の新書から数万円の専門書まで大学図書館にはあります。

それがすべて無料で読める・借りられるということなのですから

これ以上のメリットは無いですね。

 

また休憩がてらに使うとしても

カフェであれば何か買わないといけませんよね。

空調についても下宿生の場合、図書館を利用することで

自室の電気代を減らせばその分遊びに使えます。

 

 

4.まとめ

 

f:id:moyai2kaze0:20170724155948j:plain

 

いかがでしたか?

 

僕はもともと本が余り好きではありませんでした。

しかし、大学図書館で読みやすい新書を漁っていたら

本から知識を得ることが楽しくなっていました。

 

知らないということはとてももったいないことです

得た情報や知識を使う使わないという判断すらできないからです。

使う使わないに関わらず、自分のこれからを考えていく大学生の皆さんには少しでも「知っていること」を増やしていって欲しいと思います。

 

そのために是非ふとしたときに図書館へ立ち寄ってみてください。